帝王切開での出産でも、骨盤はゆがみますか?

帝王切開で出産された方から、

「帝王切開だったから、
骨盤はひらかないですよね!?」

とか、逆に

「帝王切開っておなかきっちゃうから、
骨盤はよけいにひろがりますか?」

とか。

「帝王切開と、
経膣分娩で骨盤のゆがみやひらきに差はありますか?」

など。

聞かれることが多いのです^^

結論から言えば。

「経膣分娩であろうと、
帝王切開であろうと、骨盤はひらきます。

その差はほぼない、か、あるいは若干程度」

です。

そう、
差はほとんどないですよね~。

出産時に
骨盤がひらくから、

骨盤はひらきっぱなしになって、ゆがむんだ。

と思っている方も多いかもしれません。

ですが。

骨盤のひらきやゆがみは
出産の最中だけに生じるわけではないのです。

本当は
妊娠中からおこっているんですね^^

妊娠中には
からだ全体をゆるめるホルモンが出ますので。

妊娠したら、
妊娠していないときより骨盤はゆがみやすくなります。

265591ff.jpg

骨盤は

お尻の筋肉と太ももの筋肉、腹筋と背筋でささえています。

妊娠中の大きくなる子宮も

骨盤&骨盤を支えているお尻・太もも、背筋と腹筋でささえます。

帝王切開の方も経膣分娩の方も、

どんどんと大きくなる子宮をささえる、

という点はまったくおなじ。

骨盤やそれを支える筋肉にくわわる負担は

帝王切開であっても経膣分娩であってもおなじ。

出産後の骨盤のゆがみやひらきは

骨盤をささえる筋肉力の低下でおきている部分も

とても大きいですから。

その点からも、

帝王切開の方も、経膣分娩の方も

骨盤がゆがみやすく、ひらきやすいのは一緒。

ちがうのは出産の方法だけ。

妊娠中から分泌されている

からだをゆるめるホルモンは

出産時に一番多量に分泌されます。

ですので、

経膣分娩の方は出産中は
とってもカラダがゆるゆる。

帝王切開の方は

骨盤・膣をくぐって
あかちゃんを出産するわけではないですが、

カラダは
「出産だ~!」
と反応しますので・・・。

帝王切開でのお産であっても、
ホルモンは多量に分泌されます。

ただし、

実際に骨盤・膣をあかちゃんがくぐらない点では、

経膣分娩の方とすこし差がでるかもしれません。

ですが、

最初にも書きましたとおり、

その差は若干、です。