骨盤にとって大事な重心

骨盤は
腹筋と背筋のバランスで支えられています。




腹筋と背筋が整っていないと、
骨盤は前傾(おなか側に傾くこと)や後傾(背中側に傾くこと)
してしまいます。

 
 
 
産前産後の腰痛も、
産前産後の腱鞘炎も、
産前産後の手足のむくみも、
産前産後の肩こりも、
 
 
骨盤の前傾、後傾が原因。
 
 
なので、
まず、産前産後は、骨盤の前傾、後傾を整えていくのが大切。
 
 
 
 
 
腹筋と背筋とともに、重要となってくるのは
体の重心と軸。

この重心、本来はおへそのちょっと下、
ヨガなどで「臍下丹田」と呼ばれる場所にあります。

ここにしっかりと重心があると体の軸も前のめりになったり、
後ろに傾たりせずに、まっすぐになります。

この重心と軸がまっすぐにならないと、骨盤のバランスも整いません。

なかなか文章で表現するのは難しいですね~icon10

それを、整えていくのが、骨盤エクササイズなのです。


ママのための【女性のからだの保健室】

産前産後の悩みって、なかなか人に相談できませんよね。

だれにどんな風に伝えれば、自分の悩みがしっかり伝わって、そのための解決方法がわかるのか…そこを考えるだけでも気持ちが落ち込むことだってあります。

でも、もう大丈夫♪一人で悩まないでください^^

元助産師の私があなたのそのお悩みの解決に導くとっておきの知恵と知識を惜しみなくお伝えします!

無料メールセミナーでその内容をお届けします♪あなたにとって【今必要なこと】を無料で受け取ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です